細い目の人や、たれ目の人はコンプレックスを持たれている人が多く、美容整形の施術を受けて、きれいな二重まぶたになりたい人が増えています。美容外科のクリニックでは、目尻切開の施術を行っており、目尻を数ミリ切開するだけなので、他人から見ると気付かないことが多いので、とても自然な印象の目元になれます。美容外科のクリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしているので、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。たれ目や細い目をすっきりとした印象の切れ長の瞳になれるので、幅広い年代の人が施術を受けています。目が小さく、寂しげな印象を与えてしまうと悩んでいる人は、まずは通院をしてみると良いでしょう。施術後は多少の腫れがありますが、翌日は通常通り仕事もできるので、安心して下さい。施術を受けてから、一週間から10日ぐらい経つと、腫れも目立たなくなります。

目尻切開をするメリットデメリット

目尻切開をすることで、タレ目を治し、童顔の顔を大人っぽくすることができます。目尻の幅が広がるので、白目が多くなり目が大きく見えるようにならます。目尻を長くすることで、目とこめかみの間が狭くなるため、小顔に見えるという効果もあります。しかし、目尻に白目が少ない人は、切開をすることでピンクの粘膜が見えてしまうようになり、不自然な印象になってしまうリスクもあります。カウンセリングをしてもらい、切開することができる範囲を調べてもらいましょう。目尻に白目が少なければ、施術ができないこともあります。目尻切開をした後は、抗生剤や、化膿止めの薬を飲みますが、痛みはほとんどありません。1週間程度腫れがあるので、人に知られたくない人は、施術から数日は、仕事を休むようにしましょう。抜糸が終わるまでは、アイメイクをするときに傷跡に当たらないように気をつけましょう。

目頭切開より自然な美容整形として注目の目尻切開

「目は口ほどに物を言う」などという言葉がありますけれども、華やかな印象を与えるパッチリとした大きな目に憧れる方は多く、日本を始めとしたアジア人によく見られる、小さな目、切れ長の目にコンプレックスを持っているという方は、案外少なくありません。最近巷では、目を大きくパッチリと見せるアイメイクや、アイプチなど所謂「目ザイク」を行う女性が増えていますが、すっぴんとの落差が激しく、目ザイク無しでは外出できないという方も、いるというような実情があります。そんな中に於きまして、根本的な改善方法として、目そのものを大きくする美容整形を、受ける方も多いようです。その場合に、目頭切開と目尻切開という方法がありますが、主流である目頭切開の場合は、目と目の間隔が狭くなってしまい不自然になる為に、目尻切開を選ぶ方が増加傾向です。

上下の噛み合わせが逆になってしまう「反対咬合」でお悩みの方は必見です。 口腔外科専門医、指導医、AO Alumni member! 20代~50代の女性、男性のお客様がよくいらっしゃいます。 口元のふくらみ改善施術で美しい口元を! 実際に施術をするドクターが時間をかけて丁寧にカウンセリング致します。 安心して施術を受けていただくために、大学病院などの手術室と同じ衛生環境レベルを維持しています。 目尻切開をお考えの方はマックスファクス銀座クリニック