目尻切開はわずか15分程度で終わる整形手術です。目尻の皮膚を数ミリ切開して目を外側に広げることで、切れ長の大きな目を作り出すことができます。目尻切開には向き不向きがあり、効果の出やすい人と出にくい人があります。効果が出る人は指で目尻を軽く引っ張った時に、白目が1.5mm以上見えている人です。反対に効果が出ない人は目尻を引っ張ってすぐに赤い粘膜が見えてしまう人です。その場合は、垂れ目を作る手術と組み合わせることになります。手術後は目元の腫れが約1週間、内出血は2週間程度続きます。白目がブヨブヨと膨らむこともありますが、1週間程で落ち着くのでこちらも特に心配はいりません。抜糸は腫れが一通りおさまる約1週間後に行い、アイメイクは抜糸の済んだ翌日から可能です。腫れが気になる場合は目元を冷やすことで腫れが引きやすくなります。

目尻切開は理想的な目元になれる施術方法です

美容整形クリニックを受診する理由は人それぞれ様々ですが、中でも特に多いのが、目元に関する悩みを解消するために受診する人だと言われています。美容整形クリニックで施術を受けることで、大きくやさしげな目元になれますので、理想の目元になりたいと考えているときは、クリニックを受診して専門のドクターに相談してみるとよいでしょう。たとえば、ナチュラルに目を大きくしたいときに適しているのが目尻切開です。目尻切開は、目尻の部分を切開することで、切れ長の大きな目にできるということで、たくさんの人たちに選ばれている施術方法です。目尻から下まぶたにかけてのラインがやさしくなるため、細くてきつい印象の目元もやさしく美しい目元に変わります。もちろん、豊富な経験を持っている専門のドクターが、顔全体のバランスを見ながら丁寧に施術をしてくれますので、安心してお任せできます。

目尻切開で目を大きくする美容整形

目尻切開とは、目じりを手術で切開して目の幅を大きくする美容手術です。目の幅が小さくて顔のバランスが悪い場合に、切開することで印象を大きく変えることができます。目が顔の中心によっているという場合にも、目の外側である目じりを切開することで、バランスを整える効果を得られます。切開するといっても数ミリなので、自然な仕上がりで切れ長の目を手に入れられます。一度切開すると、効果は半永久的に持続します。また、横幅だけではなく縦にも白目が広がるので、より大きな目元にすることが可能です。施術時間も15分ほどと短時間で終わります。入院の必要もありませんし、手術後の通院も抜歯をするときの一回だけで済みます。手軽かつ自然に目元を華やかにできるのが、目尻切開という美容整形の方法だといえます。下眼瞼下制という手術と併用して行えば、より大きく効果を得られます。